林檎好きの戯言ログ

気まぐれでしかブログ書きません。しかし毎回長い。

4thの前にーーライオンの泣き言。

Aqours 4th lovelive! Sailing to the Sunshineまであとわずか一週なのに、まさかこんなに後ろめたい気持ちになっているとは思わなかった。

 

Aqoursに逢えるのもちろんすごく楽しみにしているし、あの子達の成長を見届けられると思うと、感慨深くなりながらもやっぱりこの18人が大好きって改めて実感できた。

 

でも、素直に期待する余裕が、今の自分にはなくて残念でしょうがない。

 

 

 

新しい仕事に就いてわずか一週間で、今の会社に生き残れるのかが不安になってしまい、怖くて、悔しくて。

 

初めて自分で掴み取ったこの仕事は、大学で専攻した翻訳を武器にする仕事で、それ以外にお客さんの対応とか、前の仕事で得たものを活用できるはずの仕事。

 

前の会社の社長にも、尊敬している方にも、家族にも、

 

「あなたは仕事できる方だ。思慮深くて責任感が強い。いろんな視点から物事を見ることができて、優秀だよ」

 

っと、褒められてきたのに、今の会社のペースに慣れていなくて。

 

一週だけ働いている新人で慣れないのは理解できるって、家族も友達もそう言ってくれているのに、それを言い訳にしたくないという考えを振り払うことができない。

 

怒られるのが異常までに嫌で、怖くて、怒られたらずっと自分を責めてしまって、そんな自分が嫌で怖くて。

 

その原因の半分は私自身の性格と関係しているけど、もう半分はやっぱり過去の出来事に重なってしまい、その繰り返しになってしまうんじゃないかなぁってものすごく怯えていて、あの頃の自分に戻りたくなくて。

 

そして一番‪怖いのは、やっぱりみんなの期待を裏切ってしまうことーー例え誰もそんなことを思っていなくても、そんな恐怖に囚われて身動きが取れなくなる。

 

「私の能力を見込んで働かせていただいているのに...」と、今この時点でこれを思うのはまだまだ早すぎるかもしれないけど、そんな悔しさは確かにある。

 

たぶんだけど、こういう所では自信がなさすぎる。

 

 

 

だけど、思った。

 

4thライブ直前の1stライブ配信を観て、今の自分で1stの時のAqoursと向き合ってみたら。

 

私も声に出して叫びたい。

 

悔しいよ!あの時のままで終わりたくないよ!!!

 

本当にまだ0なんだ、今の会社では。

 

1にする義務があるのに、そのチャンスすら自分に与えようとしなくて。

 

これでは前に進めないし、Aqoursのファンだと、あの人のファンだと胸を張って言えなくなってしまう。

 

悔しさって、こういうことなんだね。

 

今を変えてみたくて、でも自分がちっぽけで、どこへ飛びだせるのかがわからなくて。

 

だけど、あの時のようにまだ諦めたくなくてーー気持ちではすごく逃げたいけど、諦めたくない...きっと後から悔しくなってしまう。

 

「輝くことは好きなことをすること」

 

それが輝きのなら、

 

私も輝きたい!!!!

 

 

 

 

練習で心が折れそうになったこともあるのに、さらにその前にもいろんなことを経験してきたのに、

泣きながらも立ち上がった人がいた。

 

そんな人が今ではこんなにも大きくなって、強くなって、仲間と一緒にデガイステージに登る準備をしている。

 

そんな強さが羨ましくて、そんな強さがほしくて、今の自分が悔しい。

 

あの人のように強くなりたい。過去と今を乗り越えられる強さが欲しい。

 

涙を拭って、それでも泣いてしまうんだろう。

 

それでもこの先に待っているものを手に入れたいーーあの人のように強くなりたいし、自分の生活を愛せるようになりたい。

 

 

未来の僕はおそらくもう知っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

「生きるって笑うことかな

泣いた後には 軽くなる心だから

いっぱい汗をかくんだ

いろんな汗をかくんだ

そして最後はすっきりと」

 

【FINE】

 

キョクタンメモ: 想イハ三度マデ。

重いが溢れ出しすぎて気が重いけど、割と三度までと思っている原因は明確。(誤字ではない)

 

一度目はすでに発生してしまって、予想外のシナリオが心に深い穴を開けたけど、予想外のシナリオだったしたくさんのいい影響を与えられていたから良し。

 

来るのであろう(もちろん来ない可能性もある)二度目は、個人としてはエモさを与えるためのモノになってしまうのがものすごく怖いし、納得のタイミングでないと真正面に向き合えることはしばらくはないのだろうが、どっちかというと確かに二度目を望んでいるから、タイミングと条件さえ満たされたら割とすんなりと受け入れることができるのだろう。「現地にいける」のは確かに条件の一つかもしれないが、それでもエモさを与えるために使わされたら嫌という気持ちはある。

 

未知でしかない「三度目」。どんな未来でその三度目が来るのかは予想できないが、三度目が「最後」という望みを微妙に抱えている。

全部見届けたい、けど三度目の先の未来が四度目であることは望まない。そうじゃないであってほしい。

 

トラウマ感覚から卒業したら今度は深淵に落ちてしまった所を見て、我儘ってやっぱり怖いなぁと思う。下手するとμ'sファイナル直後よりもひどくなっているかもしれない。

 

This is オタク。

 

【FINE】

はじめまして、可愛くない絵を描くのが得意なエオスですーー絵描きストーリー(前半)

リクエストシリーズとしてお題をいただきました。

 

音楽の話は色々されてるのでイラストについて

 

実は林檎好きの中身に3人がいて、音楽担当のルキなら最近では大活躍していて、逆にイラスト担当のエオスが表に出る機会はあまりないから、いいお題をいただいたと思う。

 

この戯れ言ブログは「逢」に溢れるのは決まりで、その方向で行くのも当たり前で、しかしそれならもう少しエオスが表に出ていた頃の話をしてもいいじゃないかと。

 

だからこのお題は二つのパートに分けるーーエオスの話と、林檎好きの話。

 

 

パート: エオス

 

アナログ絵はともかく、エオスのデジタル絵の始まりは確かDOG DAYSだったけど、なんと原稿をiPhone touchで撮影してそのまま色を塗っていた頃があった。

 

f:id:rykisi6606:20181105205345j:image

 

お恥ずかしいながら、DOG DAYSではシンミルガチ推しで、当時は結構こういう絵を描いていたが、その後すぐにシンフォギアに踏み込んだ。

 

思えばシンフォギアを描くイラストなら、スマホ絵からタブレット絵、フォトショップからSAI、そしてSAIからFireAlpacaの歩みを見届けてくれるイラストたちだった。

 

f:id:rykisi6606:20181105205753j:imagef:id:rykisi6606:20181105205757j:image

スマホ絵のカデンツァヴナシスターズ。

 

f:id:rykisi6606:20181105205841j:imagef:id:rykisi6606:20181105205923j:image

Photoshopの翼さんとマリア、そして未来さん。

 

f:id:rykisi6606:20181105205935j:image

SAIの未来さんコラ。

f:id:rykisi6606:20181105210810j:image

FireAlpacaの未来さんxケルビモン。

 

確か当時は純粋に趣味として描いていたけど、気付けばもっと綺麗なものを描けるようになりたいと思うようになってタブレットを購入したけど、やっぱり何かが足りなかった。

 

そんな時に出逢ったのはラブライブという作品で、「ラブライブは絵力を進化させる」という噂の真実を知らずに証明してしまった。

 

f:id:rykisi6606:20181105210238j:image

 

このエリチは、私がスクフェスを始めた時のイベントで、当時は非力だったから二枚取りできなくて、ゲットできない代わりに自分で描くことにした。

 

そのあとにラブライブのアニメを見始め、気付いたらめっちゃラブライブの絵を描いてたけど、個人的に特に思い入れが深かったのは、海外SNS Tumblrでは結構好評だった「シンフォギアxラブライブシリーズ」と、ファイナルの南條さんに纏わる各イラストなのだ。

 

f:id:rykisi6606:20181105210700j:imagef:id:rykisi6606:20181105210704j:imagef:id:rykisi6606:20181105210714j:imagef:id:rykisi6606:20181105210721j:imagef:id:rykisi6606:20181105210740j:imagef:id:rykisi6606:20181105210743j:imagef:id:rykisi6606:20181105210710j:imagef:id:rykisi6606:20181105210718j:imagef:id:rykisi6606:20181105210730j:imagef:id:rykisi6606:20181105210736j:image

 

シンフォライブ!を始めたきっかけは欧米圏の友人との雑談だったけど、思いのほか反応が熱烈だったし、やっぱりラブライバーシンフォギアを観るべきだと思うッ!(宣伝)

 

そして、南條さんに纏わるイラスト。

 

ファイナル前の南條さんのことを知って、「何かできないかなぁ」という思いに駆使され形にしたこれらの中には、純粋に想いを伝えるイラストも、ペンライト応援企画を応援するイラストも、ただの妄想イラストもあった。

 

【ラブライブ!】「あぁ 今宵は 一夜限り 二度とはないPassion」漫画/エオス(a.k.a.林檎好き) [pixiv]

 

f:id:rykisi6606:20181105211408p:imagef:id:rykisi6606:20181105211433p:image

 

個人的に思うけど、作品を作る人間なら誰しも「見てもらいたい!!!」という欲望があり、「すごい!!!」と讃えて欲しいところもあるが、

そんな人間たちが一番讃えられるときは大体、そんな想いをあまり抱えていない状態の作品を作ったときだった。

 

おそらくエオスはそれに近い立場にいたと思うし、林檎好きはそれとは少し違う場所に立っている。かもしれない。

 

エオスが懐かしい。

 

【To Be Continue】

 

 

 

シャチ、っと少しのライオンーーAqoursでの二大推し。

リクエストシリーズとして、お題をいただきました。

 

2推しの伊波杏樹さんについて

 

確か驚かれたことがあるらしいけど、私のAqoursでの二推しは確かに伊波杏樹さんだ。

 

ただやっぱり年齢というかその可愛さが原因なのか、呼び方的にはあんちゃん>伊波さんになっている。というかたまには「伊波のあんちゃん」と謎の呼び方をしてしまう。

 

いやぁ、伊波のあんちゃんはすごいーーネガティブ人間とおしゃったことがあるらしいが、最近はその事実を忘れてしまうほどそう見えなくなっているし、それもまた伊波のあんちゃんの成長なんだろうなぁと思う;そしてなにより、今までのイベントやライブを見てると、「ラブライブ運営はキャストの見込みがすごい」と考える時だってあるーー伊波のあんちゃんほど、Aqoursのリーダーに相応しい人はいないかもしれない。

 

だから思ったーー海が好きでクラゲが好きでアクアリウムが大好きな伊波のあんちゃんは「シャチ」だ。

 

この前の某記事では「私の推しはネコ科だ!!」と大声で叫びまくってて、ビジュアル的にはクロヒョウ寄りだと主張しているが、魂はライオンだと思っているし、それと相対するように伊波のあんちゃんはシャチだと思っている。

 

ちなみにシャチは

 

1. 海洋系の覇王であり、人間以外の天敵はないと言われている

2. 賢い

3. 群体活動をする

4. 活発な時もあるが凶暴さもちゃんと残っている

 

 

Aqours(水)を率いるリーダーであり、賢くて、可愛い時もあればイケメンな時もあるし、ものすごい力を内蔵している伊波のあんちゃん。

 

そしてライオンは

 

1. 百獣の王だと言われている

2. 群体活動

3. 捕食以外の時は大体寝ているが、本気になるとめっちゃ危ない

4. やっぱり猫と言ってしまう瞬間がある

 

違うベクトルにそれぞれの気概があり、それぞれ力強い存在であり、それぞれのギャップもあるが、

 

推しとは少し違いながらも、伊波のあんちゃんにしかない、けど似たような強さと気概がある。

 

f:id:rykisi6606:20181105001513p:imagef:id:rykisi6606:20181105001522p:image

 

違うベクトルの強さを持っている二人が好きで、その強さがあったこその独特な信頼感があると思う。

 

ライオンを最大に推しているが、Aqoursを背負い率いることができるのは間違いなくシャチの方だ。

 

カリスマってたぶんそういうとこだろうなぁ。強い。

 

f:id:rykisi6606:20181105001917j:image

 

ソウイウトコアルヨネェ-!

 

【FINE】

 

 

戯言ブログ告知: リクエストシリーズ始めました。

おはこんばんちは、林檎好きです。

 

質問箱では「こんな記事が見たい!」というお題募集をやっており、本ブログにもついに『リクエストシリーズ』というものができました。

 

この前に書いた桜内家の話も実は質問箱からのリクエストだったので『リクエストシリーズ』に入れさせていただいたのですが、今後も質問箱にてお題を募集し、書きたい!と思うお題を実際に記事にします。

 

今までは自分の書きたいものしか書いてなかったし、「林檎好きというやつのこういう文章が観たい!」みたいな声があればそれを応じるのも面白そうだなぁと思いますし、ある意味自分への挑戦でもあるので、「こういうの観たい!」と思いついたら遠慮せずに質問箱(直リプでもよし)で投げつけてください。楽しそう!っと思ったら書きます。なるべく軽く読めるような文章にします。

 

また、リクエストシリーズで書かれた文章にリクエストシリーズというタグを付けますし、ここにもリストを置いておきますので興味があれば各文章までへどうぞ。

 

ブログで遊ぼうぜ。(イケボ)

 

 

リクエストシリーズリスト:

 

1. 「逢田梨香子さんと水樹奈々さん お二人について語って頂けると嬉しいです」

「This is Sakurauchi.」ーー桜内家推しのラプソディー - 林檎好きの戯言ログ

2. 「2推しの伊波杏樹さんについて」

シャチ、っと少しのライオンーーAqoursでの二大推し。 - 林檎好きの戯言ログ

3. 

はじめまして、可愛くない絵を描くのが得意なエオスですーー絵描きストーリー(前半) - 林檎好きの戯言ログ

 

 

 

短メモ:「奇跡」とか、簡単に言わないで。

これは私のわがままであり、「奇跡」という言葉、あるいは「言い方」に対しての否定。

 

梨子ちゃん推しのフォロワーさんとDMで1stライブの『想いよひとつになれ』について話していたら、向こうはこう言った。

 

想いよひとつになれ」は紛れもなくAqoursの奇跡だ。あの時にサイリウム企画とかそういうものが一切なく、Aqoursの最も「無添加」なライブで、それでも全員「無意識」にペンライトをサクラピンクにした。だから僕はずっと「奇跡ならもう見た」と言ってきたし、必ずあるとは限らないけどできればもう一度あの奇跡を現場で観たい。

 

それぐらい綺麗なものだったと心から思うし、私もいつかそのサクラピンクの海を見ることを、そしてその一雫になることを楽しみにしている。

 

想いよひとつになれ』はそれほどかけがえのない物だった。

しかしその同時に、やっぱり叫んだ。

 

想いよひとつになれ』は、奇跡なんかじゃないーー奇跡だなんて言って欲しくない。

 

 

 

 

ラブライブ!サンシャイン!!ではよく現れる言葉、「奇跡(キセキ)」。

 

キセキなら、「軌跡」とすることもできるしそれでいいと思うが、『想いよひとつになれ』に対して、「奇跡」という言葉は相応しくないと思うのだ。

 

Day 1といいDay 2といい、『想いよひとつになれ』の中では、

 

逢田梨香子さんのピアノは奇跡じゃない。

 

あの三カ月の中にやり遂げたものを、「奇跡」だと呼べるものだったのか?

 

サクラピンクの海は奇跡じゃない。

 

会場にいた三万人に、全国LVと海外LV参戦した無数の方々の想いがひとつになった結果を、「奇跡」だと呼べるものだったのか?

 

Aqours自身も奇跡じゃない。

 

出逢いはたしかに偶然か運命なのもしれないが、でもそれ以外のものを、それ以外の時間を全て「奇跡」と呼んでいいものなのか?

 

想いよひとつになれ』が呼び起こしたウェイブは、人間誰しも持っているもっとも原初的な感情と本能ーー支えようとする精神、それを光と声と熱に転換する行動力、それら全てを呼び起こしたのは、「好き」、もしくは「関心」、または「アイ」という本能的な気持ちであり、その気持ちも決して奇跡じゃない。

 

Aqoursにも、君にも、そして私にも、「奇跡」を呼び起こす力があって、しかしその力自身は「奇跡」じゃない。

 

軽率に、自分たちの持っている力を、Aqoursの歩みと力を、「奇跡」だと舐めないで。

 

歌詞考察ブロガー勢へのちっちゃな挑戦状

前置き

 

どうも、林檎好きです。

 

2017年1月に桜内物語として一曲書いたことがあって、一年の後にフォロワーさんがそれを聴いていろいろと見てくれているらしくて、せっかくだから興味がある方にもぜひやってもらいたいなぁと思います。

 

歌詞の中に25個の仕組み&秘密があって、ある規則に従い今の歌詞になっているので、ぜひそれを見つけて私がどのように梨子ちゃんのことを見ていたのかを観て欲しいです。

 

(あと、単純に歌詞考察勢ならこの曲をどう読み取るのかが知りたいだけです。欲望の塊。)

 

ぜひコメント/ツイッターの方のリプ/DM、またはお好きなようにあなたが見たものを教えてください。

 

(挑戦状と言いながら、遊び感覚であげてるので少しでも楽しんでもらえたらなぁと思います)

 

 

それでは下に歌詞と曲の動画URLを置いていきます。

 

動画URL: 【同人音楽】DESTINE【ルキ】 - ニコニコ動画

 

【DESTINE】

[Intro]
Sing a song

(歌を歌おう)
The tune from the deepest blue

(深い青からの調べを)
With my love for my life

(自分の人生への愛を込めて)
In this DESTINED stage

(この定められた’ステージで)

[A]
たどり着いた場所-ここ-で 何が見えるの?
不確かなミライにつながる EMPTINESS
上の空に掛かる ポラリスだなんて
もどかしさが増して行くだけじゃない?

それでもーー

 

[B1]
始まりの薫り 帯びる色
私にもあるのなら
ときめかせて  DESTINY

 

[C1]
高らかに (海の向こうに)
放つメロディーは 【SYNCHRONISATION】
想いが重ね合う瞬間を待っていたの...?
胸を焦がす予感 二度と手ばなさないから
心-トビラ-をもっと叩いて...
Singing my DREAM, my FATE, my LIFE

 

[B2]
夕日に迷ったこの瞳が
奇跡と呼べるのなら
出会いこそが DESTINY

 

[C2]
千のオトで (光の旋律で)
紡いだ歌は【DETERMINATION】
重ね合った手と手 ミライを開いて行くよ
胸を締め付ける景色 忘れやしない
きっとこの場所-ここ-が良かった...
This is my STAGE, my FATE, my LOVE

 

[Bridge]
Everything will just be fine
(何もかもが大丈夫だ)

The rain will stop,
(雨は止む)

The sun will shine
(太陽が輝く)

Everything will be alright

(何とかなるさ)

It is our destiny
(だってそれは私たちの運命)

To go from 0-none- to one!
(ゼロから一へ)


[D]
大きくなり過ぎた想いを
受け止めてくれる場所
きっと ここで良かったんだ
偶然を越えた先を 共に観に行こう

For it's our destiny!!

 

[C3]
高らかに (海の向こうに)
放つメロディーは 【SYNCHRONISATION】
ひとつなれた想い きっとそれが答えだったの
止まらない情熱 もう戻れないね
胸の輝き抱きしめてーー
Singing our DREAM, our FATE, our LIVE!!